合宿免許受付センター

合宿免許 大型

合宿免許で大型免許を取得することも可能です。実施している教習所が限られますので、事前に教習所の案内をよく確認する必要があります。

合宿免許 一人 女性

合宿免許に一人で参加される場合、特に女性の場合など不安は大きいものと思います。

普段からコミュニケーションが好きで誰とでも仲良くなれるというタイプの方であれば、むしろ色々な人と接することのできる良い機会になると思いますが、そんなにコミュニケーションが得意ではないなどの場合、男女で宿泊施設が分かれている教習所を選ぶと良いと思います。


例えばこちら、シングル特割の宿泊先は、男女で別の場所になっています。

大町自動車教習所

合宿免許 バイク

合宿免許で取得できるのは車(普通自動車)だけではなく、普通自動二輪(バイク)の免許も取得できる教習所があります。


私は車とバイクの免許を一緒に取得しました。セットで取れる教習所というのは限られているので、希望される場合は事前によくご確認ください。


これは、どうせ取るなら一緒に取ってしまった方が良いという親の勧めがあってのことでしたが、実際にまとめて取ろうとすると、合宿としてはけっこう大変になります。

特に気をつけなければならないのは延長で、車だけでなく、バイクの実技でも不合格をもらったら日数が延長になってしまいます。卒業に必要な最短日数も当然長くなりますから、なおさら余裕をもって参加することが大切です。



私は大学の長期休みを利用して参加したのですが、何日か延泊して、危うく大学が始まってしまうところでした。

合宿免許 一人 デメリット

合宿免許に一人で参加するデメリットを考えてみました。

これはもう本当に、周りの教習生に恵まれるかどうかというところにかかっていると思います。

合宿中、色々な先生と接することになりますし、どの先生の教え方はどうだという情報が事前に分かっていれば心構えができます。


友達がいれば、情報交換も簡単ですが、一人参加で友達ができなかった場合、それができません。

休み時間に誰かと話してリフレッシュしたいですとか、一緒に食事に行くですとか、そういう相手が全くいないというリスクがあるかもしれません。


特に、相部屋ではなくシングルルームのプランがありますが、そうなると友達を作るチャンスがかなり少なくなるのではないかと思います。

一人参加で、最後まで一人でもやり抜ける。あるいは普段から物事を一人で進めるのが好きだというのであればシングルルームは良いと思いますが、そうでないなら、一人参加の場合には相部屋の方が良いのではないかと私は思います。